頭痛はみなさん経験があるのではないでしょうか。つらいですね。

 頭痛に襲われたときは、まず、脳腫瘍や怪我による血管破裂などの深刻な問題により頭痛が起こったのではないかと疑いましょう。

 病院で精密検査を受ける必要があるのは、急激な頭痛や吐き気、めまいを伴う場合です。

 病院で明確な原因が見つからない場合、何年も続いて頭痛がある場合、慢性的な頭痛、偏頭痛、疲労時の頭痛がある場合などは、頸椎の”ゆがみ”や”ねじれ”、”首周りの筋肉の異常な緊張”が頭痛に関係していると考えられます。

 

 無痛ゆらし療法では、頭痛で苦しんでいる多くの方(原因がわからないまま薬で抑えているとか、首が原因だとはわかっていてもどうしようもない方など)の方の痛みを解消してきました。

 頭痛の多くは、頚椎のゆがみや首・肩の筋肉の異常緊張によるものでした。

 首・肩の筋肉が異常に緊張 → その部分で血流が悪くなります。

 (首・肩は頭部につながる通路になります。そこで血流障害がおこると頭部への血液量が足りなくなり、酸素欠亡と貧血の状態が起こります。)

 すると、酸欠と貧血を知らせる警報 → 結果的に頭痛が起こるわけです。

 頸椎の”ゆがみ”や”ねじれ”、”筋肉の異常緊張”を解消することで多くの問題は解決されます。

 どこに行っても良くならないとお悩みの方こそ、お問い合わせください。