プロフィール

 

 

吾妻橋ゆらし療法院 院長  安東 明子

 

NPO法人日本予防医学未病研究会推奨

 

無痛ゆらし療法認定療法士

 

 

 

自己紹介

 

 趣 味 : 水彩画(ペンと透明水彩絵の具を使って絵を描きます。

           まだ習い立てです。)

       読 書(好きな作家は、高田郁、堂場瞬一、山本一力、…

           実は村上春樹も)

       テレビ(料理番組、忍たま)

       リンパセラピー(皮膚表面に優しく時間をかけて刺激を与える

           癒しの施術) 

   住居地 : 下関市~一宮市~千葉市~北区~世田谷区~船橋市~越谷市

 

   好 物 : 猫とお鮨とPST(無痛ゆらし療法)

 

ひとこと

 私は、昔の山口県の小さな村に住んでいました。

小学校は、子供の足で1時間近くかかるところにあって、毎日歩いて通っていました。

 そのせいか歩くのが好きで、山登りが好きで、足には自信がありました。

 そんな私が、あるときから、膝が痛くなり、階段の昇降に苦労するようになり、山にも行けなくなり、PST(無痛ゆらし療法)に出会いました。施術を受けるごとに、膝の痛みが軽減し、昔から放っておいた腰痛までいつの間にか消えていました。

 最初は不思議でした。そのうちPST(無痛ゆらし療法)に興味がわき、講習を受け、開業に到りました。

 膝や腰や肩や・・・、当時の自分と同じように痛みを抱えて落ち込んでいる方々の痛みをなくしたいと願っています。

 微力ではありますが、無痛ゆらし療法(PST)を通して多くの人の痛みを取り、一人一人が心身ともに健康に暮らす社会の実現へ向けて、常に研鑽を続け、一人でも多くの皆様が快適に過ごせ、かつ、心からの笑顔を取り戻すためのトリガーになりたいと願っております。

 

やりたいことは? 

 やりたいこと、あきらめかけていませんか?

 … もう歳だから、持病だから、

     まったく そんなことはありません。

痛みや違和感の原因は筋肉の緊張です。

PST(無痛ゆらし療法)は筋肉の緊張をとり、身体をのびやかに使える状態に導きます。

  あなた自身が本来持っている回復能力を

発揮できるようになります。

 旅行やスポーツ、お仕事など回復したらやりたいこと目標にしましょう。 

                              

 当院は、お客様がよりよく生活できるよう全力でサポートいたします。